手厚く流行り物に巻き込まれた話

 処方薬が切れたので掛かり付けの病院へ行き、
その際にお医者様と色々と話をしたのじゃが――……

 解熱剤を飲んで38度以上というのは妙な話らしい

 試しにその場で検温した所、
体温計が出した数値は39度以上


 医者曰く、
『あ、これ風邪じゃないわ
 うちじゃ無理そうだから大きな病院行って』


 いや……
 あの……

 …………うむ



 そんなわけで突然ながら、
診断書を手に紹介された大病院へGO

 大病院へは電話で事情を話しておいたので、
突然の来院でも診察を受け付けてくれる筈にござります


 それから移動する事、数十分
 到着した大病院は流石のスケールにござりました

 病院でありながらお洒落な内装
 かなり高い天井に、広々とした空間

 そして

 ふらつく拙者を待ち受ける、
防護服姿の 完 全 装 備 を決めた医療スタッフたち



 え……

 ちょっ……?


 あれよあれよと言う間に通されたのは、
びっしりとビニールシートに覆われた小部屋

 ああ、これ、TVで観た事ある

 事件現場だ


 刑事さんが足にビニール履いて現場検証する奴

 現場保存で室内をシートで覆ったりしておるシーン、
サスペンス物には度々出て参りまするよな



 勧められた椅子に座ったところで、
お医者様と思わしき御仁が名乗ってくれたのじゃが

 その場におられる医療スタッフを含め、
誰一人として顔の判別が出来ぬのじゃ……

 もう、頭の先から爪先まで完全防御
 ゴーグルとマスク姿ではもう、誰が誰だか


 説明によると、ここは個人用の隔離室

 検査が全て終わるまで、
一歩も部屋から出てはならぬらしい
 
 部屋には横になれる長椅子やトイレ、
ユニットバスなども完備されておりまする

 長丁場の予感じゃな


 場の状況的にはまるで、
実況見分に立ち会わされる容疑者

 しかし当の拙者としては、
宇宙人に誘拐された気分を味わっておりました

 もう、乾いた笑いしか出て来ないのじゃよ



 お医者様……
 拙者の掛かり付けのお医者様……

 貴方一体、何をどう説明したんですか


 もう、ね
 拙者を見る医療スタッフの皆様の目がね

 マ ジ 過 ぎ る の !!

 凄い緊張感が漂っておりまするよ?
 これ、絶対に疑われておる奴じゃろう!?


医者
 「まず、発熱の切っ掛けに心当たりは?(; ・`д・´)」

拙者
 「恐らく湯冷めだと思います
  湯上りに転寝してしまって……(;・∀・)」

医者
 「それは眩暈やふらつきなどを伴って?
  その当時の状況を出来るだけ詳しく(; ・`д・´)」

拙者
 「いや、あの……
  お風呂上りに汗が切れるまでと思って、
  ゲームをしたら寝落ちしました……(;・∀・)」

医者
 「………(; ・`д・´)」


 お願い

 そこで黙らないで

 詳しく言えっていったじゃん……



医者
「そ、それでは入浴前に身体に異変は?
 例えば普段より発汗していたとか、
 肩や間接に違和感があったなど……(; ・`д・´)」

拙者
「運動不足とダイエットを兼ねて、
 簡単なヨガをしてましたが、特には……(;・∀・)」

医者
「それは胸部や呼吸系に
 負担が掛かる動きの物ですか?(; ・`д・´)」

拙者
「え、えっと……こんな感じ……(;・∀・)」


 椅子から立ち上がると、
ネットで覚えた見よう見まねのポーズを決める拙者

 その姿

 両手を合わせて中腰になった、
エジプト古代文明漂う壁画の如し


 何故拙者は……

 ピリピリとした緊張感漂う中、
完全防備の御仁達に囲まれながら

 こんな謎のポーズを決めておるのじゃろう


 帰りたい
 一刻も早く帰りたい

 しかし検査はまだ、始まってさえおらぬ……

 医療スタッフたちの顔色は伺えませぬ
 ましてや、彼らの心情など知る由もござりませぬ


 ―――……が


 肩の震え具合から、
中央の一人が笑っておるのはバレておるぞ

 こっちは、ありのままを伝えておるだけじゃ……!!



 生き恥という名の問診を終え、採血と尿検査

 そしてインフルエンザとコロナの検査をするとの事で、
鼻に長い綿棒な様な物を2本、グリグリされました


 レントゲン撮影もするとの事じゃが、
確か拙者は部屋から出てはならぬ筈――……

 一体どうやって?
 ……と思っておったら、

 レントゲンの方から来た


 へぇ……
 移動型のレントゲンなんて、あるのじゃな……

 今日一日だけで何度、
新たなる体験をするのじゃろう――……(諦めの境地



 あ

 ちなみに検査結果は陰性
 インフル、コロナ共々掛かっておりませんでした

 良かったよ……

 これで陽性反応だったら、
本気で笑えぬ事態になっておりましたから


 病院で起きた事を家族に話したら、
思いっきり笑い転げてくれやがったのじゃが

 笑い話として扱えた事にとりあえず感謝じゃな


 ちなみに医者曰く、
数ヶ月の間に急激に体重が増減した事により、
身体の免疫が下がって風邪が重症化したらしい……

 解熱剤と抗生物質を処方して貰い、
とりあえず本日も布団の中で生活しておりまする


 流行り物には基本的に無頓着なのじゃが、
こんな物に限って体験してしまうとは……

 ある意味、貴重な体験と言えなくも無いのじゃが
 しかし全く嬉しくないのぅ……


 しばらくはこちらの病院に通院なのじゃが

 あの時に立ち会った医療スタッフの御仁たちに、
顔を覚えられてしまったら少々気まずいのぅ……


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

雨門太郎さん


 どうもこんばんは
 コメント、どうもありがとうございます

 本当に何事も無くてよかったです……
 色々と恥もかきましたが、今となっては笑い話です

 一旦、ダイエットは休止して、
今はしっかり栄養をとって眠る事に専念しています

 たかが風邪、されど風邪ですね
 悪化すると厄介だと改めて痛感させられました

No title

何事もなくてホッとしました。

まだお医者さんが医療ができている現状は、その点は良いことだとも思います。

どうぶつの森はよく存じ上げませんが、がんばって攻略なさってください。
プロフィール

zayo(zayorine)

Author:zayo(zayorine)
北海道の札幌在住。
職業はガーデナー。
たまに趣味の延長でイラストレーターやデザイナーなども。

趣味は創作関係と野球観戦、
お酒やゲーム、アロマ関係。
ガーデニングや家庭菜園、
料理をする事も好き。

BLコメディファンタジーを、
こよなく愛する腐女子です。
イラスト・小説両方書きますが専門はイラスト描き。

楽しい事、面白い事、
笑える事が大好き。
高い場所と泳ぐ場所、
お化けなどのホラー関係は
泣けるレベルで苦手。


3DSフレンドコード
0387-9211-7410

ワガママファッション
ガルモ2
店長zayo ショップLTP452372
ガルモ3 お部屋アドレス
13丁目746番地7411

とび森 村長Zayo オーチャード
夢番地 3B00-0049-725B

プロフィール詳細

カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス解析